putre diario

日常と二次元について、日々きままに。

GWっぽく、お出かけ。

先日のお題で「世間の波に乗れない」と言っていたのに、GWのイベントに行ってきました。




f:id:crownoise:20170506190742j:plain


ラ・フォル・ジュルネという、クラシック音楽のイベント!!

毎年GW中の3日間に開催しており、国際フォーラムを中心とした都内数ヵ所でクラシックの演奏や講演会等を行っている大規模なイベントです。

しかも、国際フォーラムので行われる有料コンサートは全てプロによるもの!
でもチケットがなんとS席3,000円という破格の安さ!

各ホールで同時に演奏を行いますが、ホールごとのはしごもアリなので、いろんな演奏を聴けるのも魅力的です。




私が行ってきたのは、5月5日にホールAで行われていた演奏。

プログラムはこちら!

f:id:crownoise:20170506191652j:plain

打楽器が目立つ曲ということで、プログラムを見て一番最初に行くと決めた公演です。


ぎりぎりまで予定を調整していたので、チケットは当日に窓口で購入しました。

ほんとはスティーブ・ライヒの公演も行きたかったのですが、残念ながらチケットは事前分で完売…。
見に行きたい公演があったら、すぐにチケットを取ることをおすすめします…。


公演まで時間があったので会場付近をぶらぶらしてみましたが、屋台がとても多いのです。
10店近くは出ていたかな…?
しかもメニューの種類が豊富!
カフェの屋台もありましたが、ローストビーフから、ケバブやカレー、ジャンバラヤ、ピザとかしらす丼…ちゃんとスイーツの屋台も…。

どれもおいしそうで、ご飯を食べるときは屋台にしようと決めた瞬間でした。

ご飯だけでなく、限定グッズや出演アーティストのCDを取り扱うショップも出ており、財布の紐を緩めるか迷いました……

あ、財布の中身は食事につぎこみました。


なお、有料公演チケットを持っている人限定で入れるエリアもあり、そこでもグッズ販売やカフェの出展がありました。
加えてそのエリア限定でのコンサートが開催されたり、楽器店のブースもあったりと、こちらも楽しそうでしたよ!
(時間の都合で行ってませんが)




さて、話を戻して…

公演の内容ですが、見に行った甲斐があった!と思える演奏でした。

実はどちらも初めて聞く曲だったのですが、フィリップ・グラスの協奏曲は2台のソロティンパニの力強さに、石井眞木のモノプリズムは和太鼓群の力強さに惹かれました…!

(あ、アイコンはマリンバなんですけど、私は太鼓のほうが得意です…笑)

曲間には(転換時間の意味合いもありましたが)トークが少し挟まれたりと、曲を知らない人でも楽しめる公演だったと思います。

余談ですが、フィリップス・グラスの協奏曲、始まった瞬間にエヴァンゲリオンを思い出しました…オタク脳でごめんなさい!
でも本当にティンパニがかっこいい曲ですし、特殊奏法があったりしますし、他の打楽器もそこそこ出番がある曲なので、すごく好きな曲になりそうです!

どちらの曲も気になった方がいましたら、是非聞いてほしいです。



















ーーーーーーーーーー

ほんとの余談ゾーンです。


f:id:crownoise:20170506194024j:plain

こちら夜ご飯で食べた本格的焼き釜ピザと、白ワインです。

ちなみにこのあとはローストビーフと白ワイン(2杯目)を……酔ってないですよ。

ほぼ全ての屋台にアルコールが置いてあったので、思わずいただいちゃいました。
日頃あまりワインは飲まないのですが、2杯目のワインは中々飲みやすかったなーと。

あとで銘柄控えておきます…(’-’*)